DS、ハイドロ沼のほとりにて

「クルマには二種類ある。シトロエンDSとそれ以外だ。」

それほどにDSは特異性に満ちたクルマです。

いや、もはやクルマという範疇にも属さない孤高の乗り物、と言っても過言ではありません。

それを物語る衝撃のエピソードをご紹介しましょう。

…今を遡ること64年前、フランスはパリのお話。
快晴のその日、エッフェル塔の周囲を飛び回る未確認飛行物体が、多くのパリジャン、パリジェンヌによって目撃されたのです。

しばらくすると、飛行物体は、ゆっくり地上に降りてきました。
それは、見ようによっては地上で言うところの自動車にも似ていますが、あまりに奇天烈なカタチだったのです。

人々が固唾をのんで見守る中、飛行物体からフラミニオ星人が出てきました。
「おぉっ!」群衆は、一斉にどよめきました。
星人は、それに応えるように言葉を発しました。「◎△※∃」
「おぉっ!」群衆は、再びどよめきました。
星人は、謎の言葉「◎△※∃」を繰り返しながら、軟体動物のようにデロンデロンと体をくねらせています。

顔は少し笑っているようにも見えます。

 

「誰か宇宙語のわかるヤツはいないのか?」群衆の一人が叫びました。
しーんっ…。答える者は誰一人としていません。

が、一瞬の間をおいて、沈黙を破る声が凛として響き渡ります。

「私はわかるわ!」
群衆は、一斉にその声の方に振り向きました。
そこには、まだ年端もゆかぬおさげ髪の少女が立っていたのです。

少女はたった今、絵画世界から抜け出してきたかのような、そんな不思議な雰囲気を持っていました。

 

「君は宇宙語を理解できるのかい?」長身の男が少女に近づいて尋ねました。
「ええ、おばあちゃんに習ったから。」
「そうか。名前は?」
「人に名前を聞く時は、まず自分から名乗らなきゃ。」
「これは失礼。私はド・ゴールって言う者だ。」
「私はジャンヌって言うの。」
「ジャンヌか。いい名前だ。で、フラミニオ星人は何と言ってるのか、わかるかい?」

 

少女は、宇宙人のように声をビブラートさせながら答えました。
「この乗り物はシトロエンDSって名前なのだ、そう言ってるわ。」
「おぉっ!」群衆は、三度どよめいたのです。

 

宇宙船シトロエンDSは、こうして地上に舞い降りたのでした。

(『シトに歴史あり ド・ゴール回顧録』より)

シトロエンDSが、しばしば “宇宙船” とか “空飛ぶ魔法の絨毯” と形容されるのは、こんなエピソードに由来していたのです。(???)

実際、DSの乗り味は、タイヤが接地しているにも拘らず、まるで地上1mを滑空しているかのようです。

足のない幽霊に乗せられて、スーッと移動して行く摩訶不思議な浮遊感。

あるいは幽体離脱感。

 

それを可能にしたのが、オイルと窒素からなるハイドロニューマチックサスペンションでした。

ハイドロの乗り味(乗り心地ではない)は、他のどのクルマにも似ておらず、しかし、これにはまると、もう他では満足できないカラダになってしまうのです。

ここから “ハイドロ沼にはまる” という諺が生まれました。

なお、類義語として “蛇の毒にやられる” があります。

そんなシトロエンDSが多数生息すると言う西の聖地を訪ねました。

こんなところにショップがあるのだろうか?と思うような住宅街を抜けて行くと、突如発見、DSの群れ!

私の好きな後期型のキャッツアイから、

前期型のフロッグアイまでDSのオンパレード。

ここは、地獄か天国か、はたまた、夢と魔法の王国=DSランドなのか?

DS以外にもヘンタイ感溢れるシトロエンたちが、Here,There and Everywhere 。

思わずテンション、上がります。

こちらの個体、レストアベースかと思いきや、このままの雰囲気で乗りたいお客さんのDSだとか。

なかなかの強者ぶりです。

ブルーとホワイトのコンビネーションが綺麗なこちらの個体は、レア物の1968年式キャッツアイ。

60年代が思い描いた未来をカタチにしたインパネは、今見ると、なんともレトロフューチャーな雰囲気です。

ちなみに、こちらが70年以降のインパネ。

樹脂化が進み、現代的なデザインに変わりました。

フツーを嫌い、他所がやらない風変わりなことをやる。

よく言えば独創、ありていに言えばヘンタイ。

唯我独尊のクルマづくりDNAは、21世紀のシトロエンにも受け継がれていますが、純度の高さ・味の濃さにおいて、元祖DSは圧倒的です。

実車を目の前にすると、一気にハイドロ沼に飛び込みたくなる。

抗い難い衝動に駆られるのです。

さて、今年のオートモビルカウンシル、巻頭イメージをDSが飾っています。

これはもう見に行くしかないでしょう。

https://automobile-council.com/events/ac2019/

COMMENT

石川孝太郎 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


seventeen + 13 =

*

PROFILE

石川

石川 孝太郎

八ヶ岳ガレージハウスオーナー。1960年、愛知県豊橋市生まれ。現在、愛知県名古屋市と山梨県北杜市の二重生活を送っている。妻、娘、息子の四人家族。血液型O型。好きな食べ物は、カレーなど子供の好きな物全般。好きなクルマは、音の良いアルファロメオ、乗り味が変態なシトロエンなど。晴れた日には、そんなクルマに乗って巨大仏を見に行きたいと願う。機能性より見た目、合理性より無駄、近道より寄り道、抹茶よりバニラ、粒あんよりこしあん。欲しい超能力はサイコキネシス。面白くなければ〇〇じゃない。…など若干の片寄りはありますが、根はいたって常識的な日本人です。

入居に関する問い合わせ

賃貸契約に関するお問い合わせ・ご相談や、内見のお申込みは、
各不動産会社までお問い合わせください。

株式会社VivitBasehttp://vivitbase.com/

山梨県甲府市古上条町416-1 プラザササモトB号

TEL.055-242-2011

株式会社ワイズアシストhttp://www.ys-assist-inc.com/

愛知県名古屋市名東区牧の里1-902 ワイズガレージB

TEL.052-709-2030

株式会社バリュープランニングhttp://www.premium-garage.co.jp/

東京都調布市布田1-45-6 調布東口ビル2F

TEL.042-480-3931

ACCESS

中央自動車道「小淵沢」インター  約3.6km (車で5分)
JR中央本線「小淵沢駅」 約3.0km

八ヶ岳リゾートライフを賃貸で。八ヶ岳ガレージハウス。

YATSUGATAKE GARAGE HOUSE

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-517
TEL. 0551-45-6535