来た見た乗った、アルピーヌ!

昭和のクルマ好きおじさんたちの胸を熱くするその名前。

ALPINE A110 is back!

初代デビューから半世紀以上の時を越え、21世紀に蘇ったアルプスの青い韋駄天!

友人のMさんがフランス製最新ウエポン=ALPINE A110をひっさげて、YGHに颯爽と登場してくれました!

くぅ、カッコE!

Mさんとの挨拶もそこそこに、いきなりクルマをチェックおじさん!

フロントフェイスとサイドビューは、初代A110へのオマージュに満ちてます。

1km先からでも一目でA110じゃん!

タイヤは、前205/40ZR18、後235/40ZR18のミシュラン パイロットスポーツ4。

うーん、ビバンダム。

リアの眺めは、現代版A110のハイライト!

フロント以上のカッコ良さ!

スポーツカーは、リアの顔が猪木、じゃなかった、命ってもんでしょ!ダァーッ!

「Q:好きな焼肉の部位は?」「A:それはランプです。」

って、そっちのランプじゃなくて、リアランプが全部の造形の中で一番好きな部位かも!

神は細部に宿る。

X-menのサイクロプスっぽい感じが、たまらんち!

破壊光線オプティック・ブラストに気をつけろ!みたいな。

色々オープン!

で、フロントのトランク具合をチェックおじさん!

中の大の中とか大の小の小くらいのスーツケースなら、楽勝で入っちゃうんじゃないでしょうか!素晴らC!

ミッドシップマウントされたエンジン様。

1.8L直4DOHCターボからのアウトプットは、252馬力だってさ!

0-100km加速は、わずかに4.5秒だと!オーマイガ!オーマイスパゲティ!

ボディの96%がアルミ、4%が樹脂。

現代車にあって、1,110kgというライトウェイトこそ、A110最大の武器です。

ドアを開けると、その軽さにあっと驚くタメゴロー!

軽量感の演出、入口から体感できます。

やっぱスポーツカーは軽さが猪木、じゃなかった、命っしょ!ダァーッ!(はいはい、わかりました)

ドライバーズシートからの眺め。高まるぅ!

メーターは、現代的な液晶で、モードに応じて3パターンに切り替ります。

上からノーマル、スポーツ、トラックモード。

フレンチトリコロールの色使いは、フランス愛に溢れてますね。

ブリッピングをくれると、快音とともにビュンッ!と針が跳ね上がるんですが、残像がついて来て、これまたカッコEから困ったもんです!

例えるなら、忍者が物陰から物陰へ素早く移動する際の残像と言いましょうか。

デジタルメーターならではの演出ですが、こういうところにラテン車の遊び心を感じます。

カッコ良さオンパレードの細部。

トグルスイッチ好きには、たまらんち!

フランスの名門、フォーカルのスピーカー。

こんなところにもフランス愛が溢れてます。

内装のクオリティー&デザインは、とても上質で、メーカーの本気度がビンビン伝わって来ます。

内外装チェック時点で、早くもクルマ欲しい度95%!ヤバーい!

さあ、お待ちかねの試乗タイム!

コースは、いつもの俺のワインディング!

俺のワインディングで俺のフレンチを食す!みたいな。(まだ俺のじゃありませんけど)

ゲゲッ!激速じゃん!加速感、半端ねー!

こ、これが0-100km4秒台の実力か!

速すぎてアクセル踏めませーん!ヤバい、ヤバすぎマッスル!

ハンドルもキレキレじゃん!

微小舵角で、クイクイッと難なくコーナーをクリア!

固さのあるアルミボディですが、しなやかに動くアシで不快な突き上げ感もなし。

これぞ駆け抜ける歓び!ってやつですか!(他某メーカーだけど)

日本アルプスを背に疾走するアルピーヌ、嫌になるほど絵になります。

やっぱアルピーヌにはアルプスが似合うのだ!ヤッホー!

快音と相俟ってアドレナリン出まくり、テンション上がりまくり!ラリホー!

そんなわけで、試乗後のクルマ欲しい度120%!

「3、2、1、欲C!」と波動砲発射!

ですが、もちろん買えるはずもありませんから、オーナーのMさんに「飽きたら、ちょーだい!一生のお願い!南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏!」と拝み倒してみました。

しかし、速攻かつ無情にも「やだもーん!」の返事が。

「ちぇっ、自分だけずるーい!」(小学生の会話か!)

まあ、くれくれ作戦は失敗でしたが、めっちゃ楽しかったなぁ。

そんなこんなの今日この頃、八ヶ岳にもそろそろ春が近づいて来ました。

ドライブシーズン、封切り間近です。

 

COMMENT

  • アバター onboroALFA より:

    八ヶ岳でA110って、メッチャ裏山Cなんですけど〜〜〜っ!
    八ヶ岳の青空にフレンチブルーが映えますね👍

    • 石川 石川 より:

      表山が南アルプス、裏山が八ヶ岳連峰。
      はるかに富士を望むロケーションで、A110を走らせていただきました。
      もはやこのクルマは、アレですね、麻薬です。
      そして、思わず脳内麻薬も増量サービスで、欲C!ってなってしまいました。あーうー。

石川 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


4 × 4 =

*

PROFILE

石川

石川 孝太郎

八ヶ岳ガレージハウスオーナー。1960年、愛知県豊橋市生まれ。現在、愛知県名古屋市と山梨県北杜市の二重生活を送っている。妻、娘、息子の四人家族。血液型O型。好きな食べ物は、カレーなど子供の好きな物全般。好きなクルマは、音の良いアルファロメオ、乗り味が変態なシトロエンなど。晴れた日には、そんなクルマに乗って巨大仏を見に行きたいと願う。機能性より見た目、合理性より無駄、近道より寄り道、抹茶よりバニラ、粒あんよりこしあん。欲しい超能力はサイコキネシス。面白くなければ〇〇じゃない。…など若干の片寄りはありますが、根はいたって常識的な日本人です。

入居に関する問い合わせ

賃貸契約に関するお問い合わせ・ご相談や、内見のお申込みは、
各不動産会社までお問い合わせください。

株式会社VivitBasehttp://vivitbase.com/

山梨県甲府市古上条町416-1 プラザササモトB号

TEL.055-242-2011

株式会社ワイズアシストhttp://www.ys-assist-inc.com/

愛知県名古屋市名東区牧の里1-902 ワイズガレージB

TEL.052-709-2030

株式会社バリュープランニングhttp://www.premium-garage.co.jp/

東京都調布市布田1-45-6 調布東口ビル2F

TEL.042-480-3931

ACCESS

中央自動車道「小淵沢」インター  約3.6km (車で5分)
JR中央本線「小淵沢駅」 約3.0km

八ヶ岳リゾートライフを賃貸で。八ヶ岳ガレージハウス。

YATSUGATAKE GARAGE HOUSE

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-517
TEL. 0551-45-6535