ラフェスタの秋

セレブなエンスージャストのためのクラシックカーラリー、ラフェスタミッレミリア。

東京原宿をスタートし、新潟県湯沢~長野県軽井沢~神奈川県箱根を経て、再びゴールの原宿へ。

公道1100kmを4日間で走破します。

ガレージハウス近くの富士見高原が通過ポイントだったので、ちょっと覗いてきました。

何と言っても博物館級の希少なクラシックカーの実走行が見もの。

ただし、天候は生憎の雨。参加車両はオープンカーが多いので、とても可哀想でした。

トンチが効いてますね。

ちなみに我が家の場合、おじさん+おばさん+車44=154歳。まだまだヒヨッコです。

堺正章さんのランチア!

奥様との2ショット!さすが絵になりますね。

今回一番のお気に入り、ラゴンダ。

奇天烈なリアフォルムがたまりません!

潜水艦っぽくてカッコイイなあ。そして、巨大。

このあたりまでは、クラシックカーって感じですね。

1940年〜50年初頭になってくると、クラシックカーから徐々にヒストリックカー(いわゆる旧車)の領域に。

40年代にしてこの流線型!オスカMT4。

ヘッドライトがボディと一体化して、他メーカーより一時代先を行くデザイン。カッコイイなあ。

お馴染みのアルファロメオジュリエッタ。

このくらいの年代になると、個人的には親しみ感がグッと増してきます。

SSに2000GT、もはや現代車と言ってもいいくらいです。

とは言っても50年以上前のクルマなんですが。

宝石のようなクルマたちとの邂逅。

目と耳の素晴らしい保養になりました。

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =

*

PROFILE

石川

石川 孝太郎

八ヶ岳ガレージハウスオーナー。1960年、愛知県豊橋市生まれ。現在、愛知県名古屋市と山梨県北杜市の二重生活を送っている。妻、娘、息子の四人家族。血液型O型。好きな食べ物は、カレーなど子供の好きな物全般。好きなクルマは、音の良いアルファロメオ、乗り味が変態なシトロエンなど。晴れた日には、そんなクルマに乗って巨大仏を見に行きたいと願う。機能性より見た目、合理性より無駄、近道より寄り道、抹茶よりバニラ、粒あんよりこしあん。欲しい超能力はサイコキネシス。面白くなければ〇〇じゃない。…など若干の片寄りはありますが、根はいたって常識的な日本人です。

入居に関する問い合わせ

賃貸契約に関するお問い合わせ・ご相談や、内見のお申込みは、
各不動産会社までお問い合わせください。

株式会社VivitBasehttp://vivitbase.com/

山梨県甲府市古上条町416-1 プラザササモトB号

TEL.055-242-2011

株式会社ワイズアシストhttp://www.ys-assist-inc.com/

愛知県名古屋市名東区牧の里1-902 ワイズガレージB

TEL.052-709-2030

株式会社バリュープランニングhttp://www.premium-garage.co.jp/

東京都調布市布田1-45-6 調布東口ビル2F

TEL.042-480-3931

ACCESS

中央自動車道「小淵沢」インター  約3.6km (車で5分)
JR中央本線「小淵沢駅」 約3.0km

八ヶ岳リゾートライフを賃貸で。八ヶ岳ガレージハウス。

YATSUGATAKE GARAGE HOUSE

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-517
TEL. 0551-45-6535