C6との邂逅

縁あってシトロエンC6。

淡いブルーを帯びた Gris Fer 。鉄灰色とでも言うのだろうか。

この色合いは如何にもフランス車で、独特の風情を醸し出している。

光量、光の向きで表情が変わるカラー。

それだけでも3分は語れてしまう。

10年親しんだC5は、そのスタイリングがドイツ車的と言われたが、C6は紛うことなきフランス車である。

C6が2005年、C5が2007年デビューだから、2年ほどの隔たりしかないが、デザインの方向性はまるで違う。

C6はフランスローカル、C5はドイツ車に倣いグローバル。

フランス人のためのフランス料理と、外国人のためのフランス料理。

濃厚な味は、当然、前者となる。

4.9mの堂々たる体躯を持つC6。

フロントオーバーハングが異様に長く、リアオーバーハングが極端に短い、奇妙な味わいのカッコ良さ。

不協和音を感じさせるデザインだが、明らかに確信犯。

いずれにせよ全長が5mに迫ると、プロポーションは伸びやかで、デザインの自由度も増してくる。

〈5mの法則〉がこのスタイルに生きている。

アーチを描くルーフラインとサイドライン。

その先に、グサリと突き刺さった円月輪(忍者の武器)のごときリアランプ。

左右に配された縦型ヘッドライト。

魚類を思わせる顔つきはユーモラスであり、威圧感を感じさせない。

フラッグシップであっても威張り方向に振らないところが、フランス流なのだろう。

注目すべきは、リアの造形。

逆Rを描いて緩やかに凹んだリアウインドー。何故に?

トランクフードを開けたら当たってしまうのではないかと心配になるが、勿論、そんなことはあるはずもなく。

流石にそのあたりは、シトロエンと雖も計算済みだろう。

他の誰にも似ておらず、とにかくフツーじゃない。

特に好きなディテールは、ホイールのセンターキャップと、

ドアポケット

デザインだけでも突っ込みどころ満載のC6。

スタイリングで30分は語れてしまう。

前置きが長くなった。

いよいよ乗ってみる。

最初の一転がりだけで、ついつい口元が緩んでしまう。

路面のうねりを波に変え、洋上をゆるゆると進んで行くかのような独特の乗り味は、ハイドロ足のなせる秘技。

しっとり&どんぶらこ。えも言われぬ恍惚感がある。

爆速スピードキングは世の中に数あれど、乗り味で高揚感を生み出すクルマは稀である。

加速の神が神経を昂ぶらせるドーパミンだとすれば、乗り味の神は神経を鎮静化させるエンドルフィン。

C6はけして速いクルマではない。

が、移動時間は速い。と言うか、移動時間が短い。

例えば、500kmの距離を時速100kmで移動したら5時間かかるが、これに変数Tをかけてみる。

ハイドロシトロエンの場合、変数Tは大体0.5〜0.6くらいなので、移動の体感時間は2時間半から3時間程度。

ドライブして気づくと、もう目的地に到着してしまつた、といった塩梅で、非常に楽である。

だから、地の果てまでも走って行ける。

速さは、足で稼ぐ。シトロエンの面目躍如だろう。

ちなみに我が家のジュリアの場合、500kmを5時間で走った場合、7〜8時間走った疲労感がある。

時間は、絶対的ではなく、相対的なのだ。

ひとつ付け加えるなら、同じハイドラクティブⅢプラスを搭載したC5とは、乗り味がかなり違う。

これには正直驚いた。

C6のハイドロ度は、C5の3割増し。ハイドロ特盛り仕様なのである。

揺れ方はより大きく、そして、緻密。

C5にはない、電子制御アクティブダンピングなる機構が、その揺れを演出しているようだ。

ハイドロに魅了される人たちは、この揺れにすっかり参ってしまう。

そして、私もまんまとC6の虜になったのだ。

…と言った風に、ハイドロの走りについては3時間は語れてしまう。

さて、梅雨の合間の八ヶ岳。

エアコンを止めて、窓を開けて走れば、爽やかな風が肌に心地良い。

どうぞ初夏の八ヶ岳へ。

 

 

 

COMMENT

  • アバター onboroALFA より:

    おお〜C6!良いですね〜
    ワタクシもこのリアウィンドウが大好きです。これは空力の為であり、シトロエンCXへのオマージュだと思いますっ!
    次期快足クルーザーはこれですか〜?

    • 石川 石川 より:

      リアウインドウ、走る後ろ姿もリアランプと相まってとても個性的です。
      C6は、CXへのオマージュな部分が確かにありますね。
      2005年当時は、シトロエンルネッサンスの時代で、デザインも復古調でしたが、それに続くC5やC4は、グローバルを意識して、少し味が薄まってしまいました。
      その分、フツーの人でも抵抗なかったのですが、やはりヘンタイの楽しさを知ると、C6が純度が高く、素敵ですね。
      数年前にC6もC5も生産は終わっており、最新のハイドロに乗ろうと思えば、この2台しか選択肢がなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five × 2 =

*

PROFILE

石川

石川 孝太郎

八ヶ岳ガレージハウスオーナー。1960年、愛知県豊橋市生まれ。現在、愛知県名古屋市と山梨県北杜市の二重生活を送っている。妻、娘、息子の四人家族。血液型O型。好きな食べ物は、カレーなど子供の好きな物全般。好きなクルマは、音の良いアルファロメオ、乗り味が変態なシトロエンなど。晴れた日には、そんなクルマに乗って巨大仏を見に行きたいと願う。機能性より見た目、合理性より無駄、近道より寄り道、抹茶よりバニラ、粒あんよりこしあん。欲しい超能力はサイコキネシス。面白くなければ〇〇じゃない。…など若干の片寄りはありますが、根はいたって常識的な日本人です。

入居に関する問い合わせ

賃貸契約に関するお問い合わせ・ご相談や、内見のお申込みは、
各不動産会社までお問い合わせください。

株式会社VivitBasehttp://vivitbase.com/

山梨県甲府市古上条町416-1 プラザササモトB号

TEL.055-242-2011

株式会社ワイズアシストhttp://www.ys-assist-inc.com/

愛知県名古屋市名東区牧の里1-902 ワイズガレージB

TEL.052-709-2030

株式会社バリュープランニングhttp://www.premium-garage.co.jp/

東京都調布市布田1-45-6 調布東口ビル2F

TEL.042-480-3931

ACCESS

中央自動車道「小淵沢」インター  約3.6km (車で5分)
JR中央本線「小淵沢駅」 約3.0km

八ヶ岳リゾートライフを賃貸で。八ヶ岳ガレージハウス。

YATSUGATAKE GARAGE HOUSE

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-517
TEL. 0551-45-6535